Figure-rise Standard アスナ レビュー

f:id:h0bbyt0yman:20191222155125j:plain

 

SAOは正直アニメしか見たことないニワカですが買っちゃいました。フィギュアライズのアスナレビューです。

 

 

Figure-rise Standard アスナ概要

ランナー 枚、ホイルシール×1、マーキングシール×1 定価3300円

 

Figure-rise Standard アスナボックスアート

f:id:h0bbyt0yman:20191222151338j:plain

Figure-rise Standard アスナボックスアート

書き下ろしイラストのボックスアートです。箱は結構大きくてガンプラMGとHGの間くらい

Figure-rise Standard アスナフロントビュー

f:id:h0bbyt0yman:20191222153631j:plain

Figure-rise Standard アスナフロントビュー

非常にスタイルがいい!シールを含めた色分けもいい感じ。

Figure-rise Standard アスナリアビュー

f:id:h0bbyt0yman:20191222153617j:plain

Figure-rise Standard アスナリアビュー

後ろ側の腰布?のしわなども細かくていい感じです。

武器など付属品

表情パーツは3種から選択式、瞳はデカールorシールです。

f:id:h0bbyt0yman:20191222163138j:plain

表情パーツ×3

ハンドパーツは右手のみ武器持ち手、その他2種は左右あります。

f:id:h0bbyt0yman:20191222153611j:plain

ハンドパーツ右手×3種、左手×2種

ランベントライトは納刀、抜刀をパーツ差し替えで切り替えます。

f:id:h0bbyt0yman:20191222153621j:plain

ランベントライト×1式 Figure-rise Effect台座×1

f:id:h0bbyt0yman:20191222161356j:plain

ランベントライト納刀、抜刀

水転写デカールとシールは同じものが入っていてどちらかを選択してあるようになっています。

f:id:h0bbyt0yman:20191222155134j:plain

水転写デカール、シール

ディティール

やたらパーツ分割されている髪の毛パーツは多いですが分割のラインは割と自然な位置に。また髪の毛の一部が軟質プラスチック素材でできていて、ちょっとしなるようになっています。

 

デカールとホイルシールは今回は素組みのまま飾る予定なので貼っちゃいました。曲面多めなのとふちの色分けで細いシールが多く貼るのは大変でした。

f:id:h0bbyt0yman:20191222163141j:plain

赤いライン黄色のラインは全部シールです

太もものパーツは2層式で下地の赤いパーツがうっすら透ける感じになっています。

f:id:h0bbyt0yman:20191222155330j:plain

2層パーツ

フミナ先輩とかミクさんに使われている技術ですね。自分で作るのは初めてですが、確かにピンクっぽくなっててすごいと思いました、写真で伝わるでしょうか。

合わせ目など

 

結構複雑な装備ですが、合わせ目が気になるところはあまりありません。関節以外では胴体前後、髪ぐらいです。

f:id:h0bbyt0yman:20191222163135j:plain

合わせ目箇所

 

可動域

頭部可動域

髪の毛が引っ掛かり気味ですが回転も可能

f:id:h0bbyt0yman:20191222151333j:plain

頭部可動域1

髪の毛も稼働できる部分があります。

f:id:h0bbyt0yman:20191222151335j:plain

頭部可動域2

腕部可動域

f:id:h0bbyt0yman:20191222153848j:plain

腕部可動域1


ヒジは一軸、90度以上は曲がります

f:id:h0bbyt0yman:20191222153853j:plain

腕部可動域2

f:id:h0bbyt0yman:20191222151642j:plain

腕部可動域3

f:id:h0bbyt0yman:20191222151647j:plain

腕部可動域4

 

腰可動域

新関節軸が導入されているらしく前傾、のけぞり等ができます

f:id:h0bbyt0yman:20191222151651j:plain

腰可動域1

腰の布が少し動き、ポージングの時に足に当たらないようにできます。

f:id:h0bbyt0yman:20191222151645j:plain

腰可動域3

f:id:h0bbyt0yman:20191222153835j:plain

腰可動域4

脚部可動域

スカートが当たってしまうのであまり大きく足は開けません。ヒザ自体は90度以上まで曲がりますが、いかんせん腰布に当たってしまいがちです。

f:id:h0bbyt0yman:20191222153840j:plain

脚部可動域1

f:id:h0bbyt0yman:20191222153844j:plain

脚部可動域2

f:id:h0bbyt0yman:20191222154140j:plain

脚部可動域3

足首の可動は普通、自立は問題なくできます。

f:id:h0bbyt0yman:20191222151637j:plain

脚部可動域4

アクションポーズ

f:id:h0bbyt0yman:20191222154151j:plain

 

f:id:h0bbyt0yman:20191222154148j:plain

 

f:id:h0bbyt0yman:20191222154209j:plain

 

f:id:h0bbyt0yman:20191222155148j:plain

 

肌の透過技術がフィギュアライズにも入ってきましたね。それで3000円台なのはすごいとおもいます。アスナは他にもいろいろバージョンが出そうな感じもするのでそっちも期待ですね。以上Figure-rise Standard アスナ レビューでした。

その他レビュー記事

www.hobbytoy.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました